ジョンソン宇宙センター

ジョンソン宇宙センター リンドン・B・ジョンソン宇宙センター(リンドン・B・ジョンソンうちゅうセンター、)は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンにある、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の宇宙センターである。旧称は有人宇宙船センター (Manned Spacecraft Center)。1973年2月19日に、テキサス州出身の元アメリカ合衆国大統領リンドン・B・ジョンソンに敬意を表して、現在の名称に改名された。有人宇宙飛行に関する訓練、研究および飛行管制が行われている。概要ヒューストンのクリアレイク地区にあるの敷地に建設された100棟の建物から成る複合施設である。ヒューストンは1967年に「宇宙都市」 というが付けられた。ジョンソン宇宙センターはの本拠地であり、米国およびその国際的な協力宇宙機関出身の宇宙飛行士を訓練する役割を担っている。ジェミニ計画、アポロ計画、スカイラブ、アポロ・ソユーズテスト計画、スペースシャトル計画の有人宇宙飛行を管制した、があることで、一般によく知られるようになった。有人宇宙船センターは、に率いられたが発展的に解消して、米国の有人宇宙飛行計画を管理・調整するためにNASAの創設直後に設立された。スペース・タスク・グループはバージニア州ハンプトンにあるラングレー研究センターに拠点を置いていたが、組織的にはゴダード宇宙飛行センターに直属していた。発展しつつあった米国の有人宇宙飛行計画のニーズを満たすため、その組織のスタッフを増やす計画が1961年に始動し、その後スタッフは新しい施設に異動した。この新たな施設は1962年に建設され、1963年にライス大学を通してより広大な土地が寄付されて、1963年9月に公式に開設された。ジョンソン宇宙センターは、全米に10施設あるNASAのフィールドセンターの一つである。主要な施設ジョンソン宇宙センターにはが置かれており、NASAの管制センターとして、アメリカ合衆国の全ての有人宇宙飛行を統制、監視する。MCC-Hはスペースシャトルの全ミッションのほか、現在は国際宇宙ステーション上で実施されるアメリカの様々な活動の指揮を執っている。は、国定歴史建造物にも指定されており、30号棟に入居する。有人宇宙船が打ち上げ直後、発射台のタワーを通過した時点から、地球に帰還して着陸するまでの間は、ミッションコントロールセンター (MCC) が管制を行う。MCCには複数の航空管制室 (Flight Control Room) があり、そこから航空管制官が宇宙飛行を統制、監視する。管制室には多くのコンピュータがあり、宇宙船を監視して、指令を送り、通信するために使用される。ミッションが進行中の時、管制室は通常、三交代制による24時間体制でスタッフが配置される。

Operating as usual

Address

Houston, TX

Alerts

Be the first to know and let us send you an email when ジョンソン宇宙センター posts news and promotions. Your email address will not be used for any other purpose, and you can unsubscribe at any time.

Nearby government services